世界エイズデー実行委員会とは | 世界エイズデー札幌2016

12月1日は世界エイズデーです。世界エイズデー札幌2016

世界エイズデー札幌
実行委員会とは

私たち「世界エイズデー札幌実行委員会」は札幌市からの委託を受け、
この街で、エイズのまん延防止やHIV感染者・エイズ患者の差別や偏見の解消を
目的とした様々な啓発事業を行っています。

現在日本では、HIV感染が広がり続け、国内の感染者・患者数は報告数だけでも
2万六千件を超えました。
自分はエイズと関係がないと思っていても、既に私たちはこの社会で
感染者・患者とともに暮らしています。

当初は薬害として注目されたHIV/AIDSですが、現在はほとんどが性的接触によって
感染しています。特別な人だけが感染する訳ではありません。
差別や偏見に捉われず、HIV/AIDSを自分自身の問題として捉えることが大切です。

本事業は、私たちにとってエイズが身近であるということを認識してもらい、
関心を抱いていただくことを目的としています。

この取り組みが札幌はもとより、北海道、そして全国各地に広がることを
心より願っています。

世界エイズデー札幌実行委員会
実行委員長  高橋 智之